「広島の明日を考える会」ブログ

弁護士落合洋司(東京弁護士会)が、広島、日本の明日を考えるブログです。

衆議院議員総選挙広島4区への立候補にあたって(落合洋司)

弁護士の落合洋司です。衆議院議員総選挙は、本日、公示日を迎えました。私は、広島4区への立候補の手続を行い、本日から選挙戦へ突入します。

いろいろな紆余曲折を経て、無所属(保守系)での立候補となりました。無所属ですから、比例復活はありません。得票数でトップとなって当選するか、2位以下で落選するかの戦いになります。

当選できた場合は、自由民主党追加公認を求め、その中へ入って、正しい点は伸ばし、国民の批判を浴びている点は改める、そのために働ける有為な人材となることを目指します。

政策としては、教育の全面無償化や働き方改革、雇用制度の改革(非正規労働者の正規労働者化)、憲法の基本理念を尊重した現実的な憲法改正といったことを訴えてきましたし、今後も訴えたいと考えています。それとともに、この選挙が、政党と政党との対決であると同時に、小選挙区においては、真にその地域の代表として相応しい人物は誰かという、人物選択の選挙でもあることを強く訴え、支持を得たいと考えています。

私にとって、広島という地、特に広島4区のエリアは生まれ育った地であり、愛着があり、その発展を強く望むところです。政治の道を志すに当たり、この地をスタートとして立てたことに様々な感慨を覚えていますし、精一杯頑張りたい気持ちを新たにしています。

皆様のご支援を、引き続き宜しくお願い申し上げます。