「広島の明日を考える会」ブログ

弁護士落合洋司(東京弁護士会)が、広島、日本の明日を考えるブログです。

次期衆院選 元検事の落合洋司氏が出馬会見 中川俊直氏も出馬予定の広島4区

www.sankei.com今日の午前中、広島県庁内の記者クラブへ行って、午前9時30分から上記の記者会見を行いました。記者クラブの幹事社からは1時間程度と聞いていましたが、会見後の写真撮影を含め1時間半ほどかかり、中でも、質疑応答の時間は結構あって、この選挙区に対するマスコミ関係者の関心の高さを感じるものがありました。

広島4区の情勢は混沌としていますが、私は私自身の信念に基づき、進むべきと思う道を進むしかないと考えています。

記者会見にあたり配布した資料を、以下、紹介しておきます。

 

落合洋司・広島4区立候補表明会見資料

 

1 落合洋司の略歴

 別紙記載の通り

2 立候補の動機

 広島県安芸郡海田町出身で、高校卒業まで海田町で育ち、今でも海田町に実家があります。司法試験合格後、検事を11年5か月、弁護士をほぼ17年務めてきて、現在、53歳になりましたが、今まで培った知識、経験を、生まれ育った地元で、人々のために生かしたいという気持ちが強くなりました。

 日本は、現在、大きな転換期にあると思います。憲法改正をはじめとする様々な課題に、政治の外からコメントするという立場ではなく、その中に入って、国家社会、国民のために精一杯活動したいと考えて、立候補を決意しました。

3 今後、特に取り組みたい課題

① 憲法改正

 現在、改憲へ向けての議論が活発化しつつあります。日本国憲法施行から70年を経て、その間、国際情勢や日本社会、国民の意識も大きく変化し、憲法改正の必要性が高まっていることは事実です。ただ、広島出身者として日本国憲法が掲げる国民主権、平和主義、基本的人権の尊重といった理念は堅持されなければならず、時代を逆戻りさせるような復古の改憲であってはならないと思います。それを大前提とした上で、

自衛隊を日本防衛の中核としつつ日米安保体制を堅持し、世界平和にも貢献できる憲法9条の見直し

社会福祉、教育などを国民のためにより実質化する方向での修正

・地方の持つ権限、位置付けの強化

といったことが必要と考えています。

 約30年の経験を持つ法律家(検事→弁護士)として、憲法問題に対して積極的に発言していきたいと考えています。

②対話、和の政治

最近の社会、政治を見るに、瑣末な点でいがみ合ったり揚げ足を取り合ったりして、不毛、無益な争いに精力を費やす傾向が顕著に見られます。同じ日本という場所に身を置く者同士、活発、建設的な議論、競争は行っても、相互に協力し合い対話を重んじ、和を尊ぶことが、特に政治の上では必要と考えます。政治の場に身を置くこととなった際は、様々な人々の声に耳を傾け、虚心に受け止めて、対話、和の政治を目指します地域③ 地域社会の活性化、より住みやすい魅力ある社会の実現

かつて栄えた商店街がシャッター街になる、若者が減り地域の活力が低下する、都会とそれ以外の地域の格差が広がる、そういった問題は日本各地で見られ、広島4区のエリアも例外ではありません。私自身は、検事退官後、6年余り、ヤフー株式会社法務部で働いた経験があり、IT(情報技術)を活用することで日本にとどまらず世界中のどこへいても仕事ができ充実した生活ができるメリットを知り、また、在京のIT関係者にも多くの人脈を持っています。そういった方面を含め、活用できるものをフルに活用して、地域社会の活性化を目指したいと考えていますし、地域の特性を生かしつつ、より住みやすい魅力ある社会が実現することを目指したいと考えています。

 政策としては、アベノミクスの果たした役割には一定の評価をしつつも、国民の大多数を占める中間層に対する、直接給付(ベーシックインカム)、減税、教育の無償化、予防医療等をより手厚く行うことなどを考えています。

4 終わりに

 法律家としては約30年の経験を政治の世界に貢献できるよう、国民の皆さんが「なるほど」と納得いただける政策提案を進めたいと考えています。

 

別紙

略歴(弁護士落合洋司

 

1 略歴

昭和39年3月 広島県生まれ、東海田小学校卒業

昭和57年3月 修道高等学校(広島)卒業

昭和58年4月 早稲田大学法学部入学

昭和61年10月 司法試験第2次試験 合格

昭和62年3月 早稲田大学法学部 卒業

昭和62年4月 最高裁判所司法研修所 入所(41期)

平成元年4月 司法修習終了 東京地方検察庁検事任官

平成2年4月 徳島地方検察庁検事に配置換

平成5年4月 名古屋地方検察庁検事に配置換

平成7年4月 東京地方検察庁検事に配置換

その間に、特捜部兼任も命じられ、脱税事件、贈収賄事件等の捜査に従事

平成8年7月から平成9年3月までの間、同地検公判部に所属

平成9年4月 静岡地方検察庁検事に配置換

平成12年4月 千葉地方検察庁検事に配置換(刑事部麻薬係検事)

平成12年8月 千葉地方検察庁検事を退官

平成12年9月 ヤフー株式会社法務部勤務(当初は常勤、平成13年11月から非常勤)

平成12年10月 弁護士登録(東京弁護士会

登録番号28358

平成13年11月 ヤエス第一法律事務所に入所(後にイージス法律事務所を設立、その後、現在の地で泉岳寺前法律事務所を運営)、ヤフー株式会社に非常勤で勤務しつつ弁護士業務を行う 

平成19年3月 ヤフー株式会社を退職

平成22年4月 東海大学実務法学研究科(法科大学院)特任教授(平成29年3月退任)

情報ネットワーク法学会会員

日本刑法学会会員

日本犯罪社会学会会員

2 著書

「サイバー法判例解説」(商事法務・共著)

「インターネット上の誹謗中傷と責任」(商事法務・共著)

「特捜検察は必要か」(岩波書店・共著)

「シリーズ刑事司法を考える」(岩波書店・共著

日本と広島の明日・目指したいもの

暑さが和らいできて、私は、広島の明日を考える会を正式に立ち上げ、平成29年9月1日に、政治団体の届出を行いました。引き続きよろしくお願いします。

目指したいことはいろいろありますが、今は、ざっくりと次のように考えています。

1  平和で豊かな戦後日本の良い点を尊重しつつ、より良い社会を構築する

戦後、日本は、GHQ主導の下、徹底した民主化により、世界でも有数の民主主義国家として立ちゆくことになり、高度経済成長を成し遂げ、平和で豊かな経済大国となって現在に至っています。

ただ、戦後70年余りが経過し、根本法規である日本国憲法に、例えば、今や日本の安全保障にとって不可欠の存在である自衛隊が専門的、技術的な解釈によらなければ肯定されなかったり、社会福祉に関する規定が簡素で、多様化する国民生活を十分に保障するものではなくなっているといった問題が(問題は他にもありますが)生じています。豊かさの中にある貧困も社会の随所で見受けられるようになっています。

高度経済成長、国の発展を支えてきたのは、大多数を占める中間層の一般国民であり、そこを中心に考えつつ、そこだけでなく、国民全体が十分な自己実現を図れる 、平和で豊かな社会を構築する必要があります。既成観念にとらわれることなく、活発な議論の上で、思い切った政策を選択するべき時にきています。

そのような観点から、戦後日本の基本路線は踏襲しつつ、日本国憲法や社会の在り方を抜本的に見直し、より良い社会を目指したいと考えています。

世界で最初に核兵器が使用された広島は、日本や世界の平和に対して積極的に発言する責務を負っているでしょう。

2   和の政治、思いやりの政治

私が深く尊敬する大平正芳元首相(元宏池会会長)は、政治とは何かと聞かれ、「明日枯れる花にも水をやることである。」と答えたと言われています。今や、世界各国で様々な勢力が自己主張、抗争を繰り返し、人々は互いにいがみ合い、国が、社会が分断化する傾向が顕著に見られます。しかし、そういう時代であるからこそ、政治においては和が尊ばれ、思いやりを旨として、誠実、真摯な話し合いに基づいてより良い結論が目指される必要があります。そういった政治の姿勢が、国民への思いやり、最大多数の最大幸福にもつながるものです。

「政治とは最高の道徳である。」

という至言は、今にも生きるものでしょう。

3  広島を、魅力ある住み良い場所にする

私は、広島で生まれ育ち、高校卒業まで、広島県安芸郡海田町で過ごしました。生まれ育った地に強い愛着がありますし、今は東京に住んで弁護士業に従事していますが、広島に戻ると、ほっと気持ちが落ち着きます。

日本全体で進行する少子化、地方での過疎化の中で、広島においても、人々が、良好な自然環境に親しみつつ、生活上の利便性も享受できる、魅力ある住み良い場所になるような街作りを、今後も絶えず続けていく必要があります。そこにいる人は引き続き住み続けたいと思い、他に出た人もまた戻ってくるような、そういう地にしたいものです。

その中で、広島4区と重なる安芸地区、東広島地区は、都市化が進んだエリアや田園、山間エリアなど多様な環境の中にあり、それぞれの特性を生かした街作りが必要です。

今後とも当会、落合洋司に、様々な御意見をお寄せください。

9月の広島活動予定

9月から、「広島の明日を考える会」拠点を、広島県安芸郡海田町内の海田市駅近くに設けることになり、私が、広島で様々に活動することがやりやすくなりました。

今のところの予定としては、

 

9月3日(日曜日)午前・午後

9月17(日曜日)、18日(月曜日・祝日)の各午前・午後

 

に、そこにいる予定です。

私と話をしてみたいといったご希望の方は、

 

お問い合わせ

 

から予めご連絡ください。できる限り対応させていただきます。

 

広島4区内の拠点・今後のご支援について

「広島の明日を考える会」の拠点ですが、海田市駅北口近くの、ゆたかビル3階に置くことになりました。下に広島市信用組合海田支店が入っている建物です。外に同支店の看板が出ていて、近隣では割と目立つ建物ですから、わかりやすいと思います。

9月初めから、徐々に、荷物を搬入するなどして整備したいと考え、準備中です。9月最初の週末で、最低限、そこで打ち合わせができる程度の状態には何とかなりそうです。

こういう状態ですので、今後ともご支援をよろしくお願いします。

当面のご連絡は、別ブログのお問い合わせフォーム

 

お問い合わせ

 

から送っていただければと思います。

 

広島4区内に拠点を設けるに当たって

既にお知らせしているように、今年9月から、広島4区内の海田市駅近くに、拠点を設けて活動することになりました。

一部報道にもあったように、来たる衆議院総選挙を視野には入れています。当面、無所属ですが、今後、出馬へという流れになった場合、自由民主党の公認、推薦も視野に入れています。ただ、そういった流れになるかどうかは、今後の活動や地元の方々による支援如何であると考えていて、自分自身がいかに活動して地域に貢献できるか、今はそればかりを考えています。

広島県安芸郡海田町で生まれ育ち、高校まではずっとそこにいました。昭和57年の春に広島を離れ、その後、昭和62年から昭和63年にかけての1年4ヶ月、広島で司法修習した時期を除き、広島には、時々帰省する程度になっていました。その自分が、広島の、生まれ育った地に活動拠点を設けることになったことに、様々な感慨を覚えています。

司法試験合格後、検事を11年5ヶ月、その後は弁護士として、様々な経験をしてきましたし、それなりに知識、知見を積み重ねてきました。そうして培ってきたものを、今後は、育ててもらった郷里へとできるだけお返ししていきたい、今はそれを考えています。

今後とも宜しくお願いしたく、広島で私を見かけたら、お気軽に声をかけていただきたいと思っています。

 

 

 

原爆死の真実――きのこ雲の下で起きていたこと

自分が前から運営している別ブログ「日々是好日」で書きました。

d.hatena.ne.jp

NHKの、過去の原爆関連の番組には、丁寧に作られた内容の濃い、良いものが多いと思います。それらは、再放送で観られるほか、DVDになって出ているものもありますし、最近ではNHKオンデマンドで、有料にはなりますが観られるものもあります。番組を作った後に、上記のように書籍として出版されているものもいろいろとあって、私も何冊か読みましたが、参考になるものでした。上記の本もその中に入るものです。

とかく批判が向けられるNHKですが、こうした良い伝統は今後も引き継いで、真実を伝える良い番組を作ってほしいものです。

 

広島に拠点を設けて活動することにしました(お知らせ)

私は、広島県海田町で生まれ育ち、高校卒業後は東京の早稲田大学へ進学して、司法試験に合格した後、司法修習中に、1年4ヶ月ほど、広島で実務修習した以外は、広島を離れて生活してきました。広島には、年に数回、帰省する程度でした。

そういう私ですが、今後は、広島での活動を増やしたいと考え、近日中に(今年の9月からを予定しています)、広島の山陽本線海田市駅から西条駅沿線付近で拠点(事務所、というほどの仰々しいものではなく私が寝泊まりするセカンドハウスになります)を設けて、地元の皆さんと交流したり、地元への、可能な貢献を行いたいと考えています。

18歳で広島を出て、今年で丸35年になりました。私が培った知識、経験といったものが、ささやかであっても、広島の地元の皆さんのお役に、少しでも役立てれば、と考えています。

今後、広島で過ごす時間が今まで以上に出てきますので、よろしくご厚誼のほどお願いします。